上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.31.70d

私事ですが8月に引っ越しまして、撮影にも行けず、更新もすっかり滞りがちだったのですが、
このたび、先日リリースされた70Dを購入致しました!やっはー!!(*´∀`)

前回の引っ越しの時はサンヨン、今回は70D、と引っ越しのたびに機材が更新されてますな。まぁ、でも、KissDX購入から7年以上も使い倒し、そろそろ次のSTEPに移ってもいいんじゃないかと。7DのAFを踏襲しているだけあってさすがにAFは早く、高感度もKissDXとは格段に使えるようになり、それでもって軽いってのは素晴らしいです。重くて持ち歩くの嫌になったら元も子もないですしね。私は女性にしては手が大きいのでグリップもちょうど良いかな。

まだ、操作性に慣れていなくて、わたわたしておりますが、これから活躍させられるよう、わしわし撮りこんでいきたいと思います!
スポンサーサイト
2008.10.08 LET'S TRY !
2007.10.hama

使用機材:KONICA Super BiGmini BM-S100

わ~なんか懐かしいな~ってのを引っ張り出してきました。

これまでブルーを撮った中で一番好きな一枚。
うん、これが私のイメージするブルーインパルスだ。

これは航空祭会場で見かける、バズーカ(レンズ)隊の皆さんが使うような機材ではなく、
観光スナップ撮りにちょうど良い手の平サイズのコンパクトカメラで撮ったもの。
航空機写真を撮り始めて一年くらいたった時ですね。スナップカメラでパチリ。
いや~お金がないので、家にあるものでとりあえず撮ってました。
バズーカ隊の皆さんウラヤマシー!とか思いつつ(笑)。でも案外イケルもんです。

でね、私、思うのですが大事なのは機材以上に撮り手の気持ちじゃないかな?

そりゃ、やっぱりお値段なりに機材による表現限界ってのはあります(ああ、貧乏が悲しい/涙)。
でも、その場で感じる感動はその人だけのもの。きっとその人しか見えない画があると思うんですよ。
自分が感じた精一杯の気持ちが写っていたら、それは多分”良い写真”なんじゃないかな?
だって、子供が描くお母さんの絵には、ミケランジェロだって敵わないと思うんだ。

目指す先は空の彼方。だったら下向いてる暇なんてまったくありません♪
チャンスは誰の手にも平等にあるもんです。今手元にあるカメラは奇跡への一歩です。
だから、思い切って精一杯の『好き』を一枚の写真に捉まえてみようよ!!

以上、写真撮ってみたいなぁ…と思ってる方の励みになればとちょっとエラソーに語ってみました。
ま、実は半分以上は私の自己暗示です。いつか起これ、奇跡~~~~~っ!!(笑)

【2006.10.29 浜松基地航空祭】
2008.05.19 難しく楽しい
つい先日は戦闘機中心のこのブログがどうした?!ってくらい時代祭り一色でしたが、
元々、写真を撮り始めたのは時代パレードがきっかけでした。

ひょんなことから航空機にハマリ、割と…というか実は相当に好きだった蒸気にハマり、
メカモノ系にうつつを抜かしていたら、すっかり人物の撮り方を忘れてる!!!!!
そして町中は大混雑の航空祭よりも、架線だらけの駅よりも、余計なものがいっぱ~い(涙)。
せっかく良い表情なのに背景がゴチャゴチャ…もーね…。

それでも見た景色を自由に残せる写真は楽しい。
難しいけどとっても楽しい。
このワクワクとガックリを繰り返して深みにはまるんだなぁ~と思いましてございます。

さて、では本来のコンセプトである航空機、蒸気、護衛艦写真の更新に戻りますね♪
GWの大型連休中ですが、諸事情ありましてこの連休は自宅待機が続いております。
そんなものでPC内に蓄積されたデータをHDDに移管したりしていたのですが…やっちゃいました。

先日の桃源郷号の写真、移管漏れに気付かず肝心の3便目の撮影データが消失。
フォルダをざっと確認した時、1便目、2便目とあったので全部移管済みと思っていたら…あ…れ?(汗)
デジタルデータ。お手軽だけに消える時もあっさりです。救出ソフトも試みましたがOUT。

以前、ここにアップしたものが3便目唯一の生き残りとなりました。まさにWeblog。
こういう形で残しておくことが時に救いになるのかもしれません。
元が消えるとやっぱり切ないけど・・・(涙)。
2008.01.25 週末は房総へ
昨年、木更津-館山を走ったD51が、今年も今日から3日間(25~27日)、勝浦-館山を走ります。

・・・と言うことでただいま作戦検討中。

電車でGO!の私にできることは、駅もしくは駅近いポイントでリカバリなしの一発勝負。
本鉄の皆さんが早朝から三脚の林を作っているであろう”お立ち台”ポイントで、
レンズ手持ちのにわかテツが並んで撮っても、既存のキャリアに敵うはずはありません。

ならば、あえて鉄則の裏を抜く、てのもありじゃないか?

所詮、土地勘のない場所でキャリアもないのがホームラン打とうってのが押しの太い話。
派手な三振かましても思い切って全力で振りきることが大事でしょう。
こちとら駆け出しフォトグラファー。まずは挑戦あるのみ!頑張ってきます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。